こんな場面で活躍 ディスペンサーケーススタディ03

【三重県桑名市】DESSANGE PARIS 桑名 さま「キチンとした飲み物を安心してお出ししたい」ヘアサロン×給茶機

ヘアサロンと言えば「待ち時間」がつきもの。予約したとしてもお店によってはしばらく待ったり、あるいはすぐに対応してくれても、カラーリングの放置時間やパーマの定着時間など、作業の合間に待つ時間はどうしても長くなります。こうした待ち時間対策としてヘアサロンDESSANGE PARIS 桑名様ではウエイティングスペースで給茶機によるドリンクサービスを実施しています。

スタッフ
所在地
三重県桑名市中央町3-21 アピタ桑名2

営業時間
9:30〜19:00(カット)
9:30〜18:00(パーマ・カラー)
9:30〜17:00(特殊カラー・パーマ)

定休日
年中無休(アピタの定休日に準ずる)

TEL
0594-21-5506(予約優先)

URL
http://www.artkey-p.com/dessange/

●お話をうかがった方 株式会社JTB中部 浜松支店 ◎副支店長 川村裕治さま

店長
平野靖明さま

Q.待ち時間対策の工夫は?A.お客様と髪には負担をかけたくない

パーマもカラーリングもそれぞれの施術の合間に数十分の待ち時間がありますし、その両方を一回で行ったり、あわせて縮毛矯正を行ったりすると3時間かかったりする場合もあります。そんな時は一度に全部まとめようとせず『次回は、ここをやりましょう』と、切り分けることでお客様とお客様の髪に負担をかけないよう工夫しています。待ち時間を利用してカウンセリングやホームケアのアドバイスなども行っています。カットなどの途中でどうしても待っていただく必要のある場合はお客様に顔を見せて、こんな状況なのでもう少しお待ちくださいとお声がけすることで、お客様に安心していただくよう心がけているんです。

Q.給茶機を導入する前は?A.冬場のお茶サービスがもう、大変!

待ち時間のサービスとしては、これまではお茶を出していましたが、スタッフが外でお茶を買ってきて一杯ずつ提供する、という手間のかかる方法でした。特に混雑時は対応に追われてしまう上、冬場は温め直すなどして、意外と大変だったんです。飲み物もお茶一種だったので、なんとかしたい…と思ってたときにオーナーが給茶機の導入を決めたんです。

Q.給茶機を導入した理由は?A.プロが使うメーカーの製品なら、安心

実はオーナーが、師匠にあたる方のヘアサロンでホシザキの給茶機を見たんです。そちらのお店はカフェも併設していて、そこでもホシザキの業務用製品が使われているのを見て『ああ、これにしよう!』と決めたんです。プロ向けメーカーのものなら安心して使えますからね。最初にDESSANGE PARIS 桑名に導入されました。ヘアサロンはほんとに忙しい現場だから、ボタンを押せばすぐに出るこのスピードはありがたいんです。様子を見ながら今、7店舗中、4店舗にホシザキの給茶機が設置されています。残りの3店舗についても近々導入される予定です。

Q.導入後の感想は?A.メインテナンスもキチンと対応してくれます

導入前はお茶しか用意できませんでしたが、今は5種類の飲み物メニュー(緑茶、ブラックコーヒー、ストレートティー、オレンジジュース、お水)ができて、お客様のご要望に対応できるようになりました。特にこのお店はアピタの中にあることもあって、客層が広いんです。冷房のせいか、夏場も女性の方からは温かい飲み物のご注文が多いんですが、冷えたカラダを温めることができますしね。
お店のサービスはもちろん、飲み物もキチンとしたものを提供したいと思うんです。普段から水や食材に気を使われる方が多い中、キチンとしたものをお出ししたい。その点でホシザキはメンテナンスも含めしっかりサポートしてくれるから安心しています。

※オレンジジュースは注出できません。

店舗情報

フロア図
業種
美容院
セット面
19面
● 設置サーバー PTE-100H3WA1-T-BR × 1 製品情報へ PTE-100H3WA1-T-BR

ページの先頭